N A K A N I S H I C H I K U S A N

旨い肉って?…
A5ランクの肉?
柔らかい口に入れたらとける肉?
サシが細かく入った霜降り肉?

…私は、本当に旨味のある赤身肉が
一番旨いと思います。

肥育農家さんは一生懸命肥育し、最高ランクのA5-12を
目指します。そういった肉はサシが細かく見事なピンク色、
口に入れればとけだすとても美味しい肉なのですが、
やはり脂濃いため、私は、焼肉なら1~2枚、
ステーキならせいぜい1切れでごちそうさまです。
霜降りのようにとけだす柔らかさはないけれど、
「噛むほどに旨味が溢れだす赤身肉」が
満足感もあり、旨い。

と、私は思えるのです。

そんなお肉を作りたい。
そんな思いから中西畜産でも
肥育を始めました。

出産を経験した牛=経産牛は、
元気な仔牛を出産するために健康管理を徹底します。

食肉用の牛は肥らすために穀物などの飼料を中心に
給仕するのに対し、経産牛は「牧草」中心の給仕をし、
ビタミンやミネラルといった必要栄養素もバランスよく
給与して、常に健康な状態で育てられています。

丁寧に健康管理をされて育てられた経産牛は
肥育された牛より肉はとれません。
また、肉がかたくなります。これを少し肥育すること
によって、
肉本来の「旨味」が濃く、脂でごまかさない
いくらでも食べたくなる肉

となります。

…そして、濃い旨味にさらに
深みを出すため、
宮古島産の「泡盛粕」を
給仕する飼育を研究しています。

宮古島泡盛 ほろよい牛

中西畜産では、旨味の濃い経産牛にさらに深みを出すために
宮古島産の泡盛から出る「泡盛粕」を給仕しています。

粗タンパク質と粗脂肪が豊富な泡盛粕を一定量給与する
ことで、より栄養価の高い飼料給与が可能になります。

また自由に動き回れる環境やこまめな敷き料を交換する
ことによりストレスのない環境を心がけ、
牛本来が持っている旨味力を最大に引き出すようにしています。

宮古島泡盛 酔っぱらい牛

「酔っぱらい牛」は
現在、研究・飼育の調整をしております。
楽しみにお待ちくださいませ。

当面は「ほろよい牛」のみのお取り扱いとなります。

Top

〒906-0105
沖縄県宮古島市城辺長間1891-1
TEL:080-1540-6244 /
FAX:0980-79-5631